子育て世代のファイナンシャルプランナーのブログ | 横浜、東京近郊出張対応可・ライフプラン、資産運用、保険の見直しはFCTGファイナンシャルプランナーズにご相談ください。

FCTGファイナンシャルプランナーズ
お申込・お問合せはこちらから
横浜、東京近郊出張対応可・ライフプラン、資産運用、保険の見直し

BLOG

2019年03月10日 [ニュース系]

リスクの意味

新聞を読んでいて難しいなと感じました。

リスクという言葉は
「危険」という意味で使うことが多いです。
でも運用においてのリスクをいう言葉は、
基本的には危険と意味ではなく、
価格の上がったり下がったりのブレ幅の大きさのことを言います。

リスクが大きいというのは危険が大きいわけという意味ではなく、
価格の上がったり下がったりが大きいという意味です。
リスクが大きいからこそ大きく増える可能性が出てきます。

下がる、という点だけに着目すれば、
危険という意味でも同じなのかもしれませんが、
リスク(ブレ幅の大きさ)がなければ
増えることもないわけですから、
やはり大違いです。

さらに付け加えると、
世界は経済成長する、という前提に立てば、
世界株はリスク(ブレ幅)が大きい
=途中大きく下がることはあるかもしれないが、
長期的にみたら上がることが期待できる
ということになります。

同じ記事内に、「運用リスクが高まっている」と
「後回しになるリスクもはらむ」という、
本来違う意味であるべきことが同じ言葉で表記されていると
困惑してしまいます。

リスク=危険はかなり定着しています。
気を付けないと、
私も混同して使ってしまうことがありますので、
より気を付けたいと思います。

FPへの相談は
横浜・川崎・東京・神奈川出張対応可のファイナンシャルプランナー
FCTGファイナンシャルプランナーズ 土屋 ごう
住宅購入・ライフプラン・保険・資産運用


PageTop