子育て世代のファイナンシャルプランナーのブログ | 横浜、東京近郊出張対応可・ライフプラン、資産運用、保険の見直しはFCTGファイナンシャルプランナーズにご相談ください。

FCTGファイナンシャルプランナーズ
お申込・お問合せはこちらから
横浜、東京近郊出張対応可・ライフプラン、資産運用、保険の見直し

BLOG

2018年09月09日 [ニュース系]

2019年の税制改正の話

先日の新聞で来年度の税制改正の議論の話が出ていました。

一般の人に関係あるところでいうと、

・自動車税について、
諸外国に比べると自動車税が高いそうで、
販売を減らさないためにも
自動車税の減税を考えている

・住宅ローン減税について
消費増税等もあるので、
現行の、10年間で最大500万円税還付のある現行制度を
延長する案を検討している
(現行では平成33年までは決まっている)

・退職所得控除の計算方式の検討
現在は勤続20年までは 年数×40万円、
それを超えた部分に対して 年数×70万円
というように、終身雇用が前提の勤続年数が長いほど有利な
退職所得控除の変更を検討しているそうです。
真ん中をとって55万円にするのか、
全く違う方式にするのかは未定のそうですが、
終身雇用が崩れている現在にマッチしていない、
という認識だそうです。
これも雇用の流動化に合わせて変更しないと理屈がたたないので、
来年になるかはわかりませんが、
近い将来変更になる可能性は高いでしょう。

これとは別の話になりますが、
確定拠出年金のお金を出せる年齢は
現在60歳になるまでですが、
これを65歳に延長しようと厚労省は検討しているそうです。
定年延長等が進んでいる中で、
これも近い将来変わる可能性は高いものだと思います。

このように時代にマッチするように
税制も変更されていくと思われます。

もう来年のこと!と個人的には思いますが、
税制改正についても、
気づいたことがあればこれからも書いていきたいと思います。

FPへの相談は
横浜・川崎・東京・神奈川出張対応可のファイナンシャルプランナー
FCTGファイナンシャルプランナーズ 土屋 ごう
住宅購入・ライフプラン・保険・資産運用


PageTop