子育て世代のファイナンシャルプランナーのブログ | 横浜、東京近郊出張対応可・ライフプラン、資産運用、保険の見直しはFCTGファイナンシャルプランナーズにご相談ください。

FCTGファイナンシャルプランナーズ
お申込・お問合せはこちらから
横浜、東京近郊出張対応可・ライフプラン、資産運用、保険の見直し

BLOG

2020年08月01日 [ニュース系]

平均寿命、女性87.45歳・男性81.41歳!

先日厚生労働省が簡易生命表を発表しました。
これで平均寿命がわかり、
男性が81.41歳、女性が87.45歳となり、過去最高を更新しました。

ちなみに、平均寿命ってどういう意味かご存知ですか?
平均寿命は0歳の人があと何年生きるかの平均余命です。
だから今0歳でなければもっと長く生きる可能性が高いということです。

厚生労働省発表の資料から5年刻みの平均余命の表を抜粋します。

r1平均余命
厚生労働省 令和元年簡易生命表の概況より抜粋
https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/life/life19/index.html

例えば40歳男性の平均余命は42.35年なので、
平均して82.35歳まで生きられるということになります。

また右側は平均寿命の推移です。
昭和50年は男性71.73歳、女性76.89歳だったのが、
現在はそこから約10年延びています。
この伸び率が続けば、人生100年時代も近いですね。

そうなると、長寿化を意識して準備をしていく必要があります。
準備はそれぞれ人の考え方で様々でしょうが、お金の観点で見ると
・お金を貯める(殖やす)
・健康であり(働ける状況を作る)
・長く働けるスキルを身につける

という3つの組み合わせになるのかな、と思います。

働きたくない、という人は
貯める(殖やす)をより頑張ればよいでしょうし。
そうでなければ働けるスキルを身につけることを重視すればよいでしょうし、
まぁ健康は誰しも気をつけなければいけませんね。

どれかを選ぶのではなく、
両方を組み合わせていくのが現実的なのだと思います。

ライフプランの相談の現場で話すと、
そんなに生きたくない、というニュアンスのことを話される方も多いですが、
現実を受け止めて考えていければな、と思います。

参考にしていただければ幸いです。

FPへの相談は
横浜・川崎・東京・神奈川出張対応可のファイナンシャルプランナー
FCTGファイナンシャルプランナーズ
住宅購入・ライフプラン・保険・資産運用


PageTop