FCTGファイナンシャルプランナーズ
電話
MH資金計画
※子育て応援割引の詳細はこちらから
※完全満足保証制度あり

本来マイホームのために最初に考えるべきことは資金計画のはずです。
しかし予算があやふやなまま物件の見学に行かれる方が多いのが現実です。

予算の設定は今の家賃と同じくらいで、と考える方も多いと思います。
これでは曖昧な状態です。
賃貸ではなくマイホームになると、ローンだけでなく、固定資産税やリフォーム代、火災保険。マンションなら、管理費・修繕積立金・駐車場代などがかかります。
今の家賃と同じというローンの設定では、今の家賃以上の費用がかかることになります。
また、変動金利など今後金利が変わるローンを組んだ場合は、上昇の可能性もあります。

また、お子様が小さい方はこれから教育費がかかりますから、それを加味して予算を考えた方がよいですよね。

そして老後のお金。
今の想定では一般的に年金だけでは生活できませんから、老後のためのお金も貯めていかなければなりません。

例えば40代とか比較的年齢が高い方も35年ローンが組めてしまいます。
でも実質的に収入を得る期間が短いわけですから、20代など定年まで先が長い方と同じ額のローンを組むのは一般的に危険と言えます。
老後までの期間が短いので、それを貯めつつ、ローンも完済しなければならないのですから。そして40代の方が一般的に年収が高いため、ローンも大きい金額を借りやすいのが現実です。

マイホーム購入のとき、考えなくてはならない事

マイホーム購入のとき、考えなくてはならない事
このようにマイホーム購入のことだけを考える場合でも、複雑にさまざまな要素が絡んできます。
それらを紐解いて、将来のことを考え、不安を取り去るためにはライフプランシミュレーションを作成してみることが必要です。

詳しくはライフプランシミュレーション&総合対策パックのページに書いてありますが、今の収入、支出や将来の収入の展望などをお聞きし、車はどうしたいか、お子様の進路は私立か公立か、趣味や旅行は…など、希望するライフイベントを数字に落とし込んでいきます。
そうすればそのプランで老後まで一生涯にわたって貯蓄が尽きることはないかを判断することができます。将来のことはわかりませんから、あくまで想定ですが、これを指針として持つのと持たないのでは大違いです。
住宅購入の失敗のほとんどはなくせます。
また複数の想定をして考えることもできます。

今までの事例でも、シミュレーションをすると、今後どのようなおお金が必要となり、それをどのように貯めていくかや保険のことなどいろんなことが改善点として提案していきます。
その改善策を踏まえると、購入の予算が自分が考えているよりも上がったというケースもあります。

反対のアプローチで、この地域に住みたいからこのくらいの金額になってしまう。
それを叶えるためにはどのくらいの収入・生活であれば買えるのか、という判断に使ったり、そもそも実家に将来帰ったり単身赴任があったりするので、今買わない方がいいのではないか、というご提案になったりと、結果は様々です。

マイホーム購入は何千万円単位の金額の買い物です。それに比べて相談料は安いもので、また、改善策の実行で元を取ることは簡単です。

また、販売業者ではない立場のFPですから、今は買わないという提案もすることができます。不動産業者に聞いた場合はそんなこと誰も言ってくれません。

マイホーム購入を検討されている方は、このプランにお申込みいただき、自分と家族の将来のことをしっかり考えるべきです!
ピース

完全満足保証制度!

相談料は安くないですが、高いクオリティで皆様に満足をしていただいております。
あなたが万一、当サービスに満足いただけなかった場合は、全額返金いたします。3回目面談終了後14日以内にご連絡ください。指定の銀行口座へ振込いたします。
12年以上、クライアントのために考え抜いてきた実績から、相談内容への自信があるからこそできる完全満足保証制度です。あなたにリスクは一切取らせません!プロフェッショナルなFP相談を体感してください!

こんな方へおすすめ致します!

マイホーム探しを始める段階で住宅を購入するためのシミュレーションを作りたいという人ももちろん多いですが、最近増えているのは、ほかのところ(不動産業者や住宅展示場にいるFPと名乗る人物)にシミュレーションをしてもらったが、信用できないので相談したい、というパターンです。
大変スキルの高いかたもいらっしゃると思いますが、残念ながらFPと名乗っているだけの人や家を買わせなければならない人が多く混じっているというのが実情なのだと思います。
少し疑ってかかるのも必要なのかもしれません。

チェック2〜3年先に住宅購入を考えている方

2〜3年先に購入を考えている方は、貯蓄計画からアドバイスできます。

チェック数か月内に購入を考えている方

一番多いパターンです。予算の設定からのサポートをすることができます。

チェック気に入った物件がすでにある方

多いパターンですが、この場合は価格も決まっているわけですから、それを買うとどうなりそうかやそれを購入しても将来安心にするためにはどうしたらいいか、また危険そうならばどのくらいの予算がいいかのアドバイスをいたします。

チェックすでに申し込みをしたものの不安になっている方
購入し住み始めて不安になった方

購入が決定してから申し込まれる方もいらっしゃいます。
この場合はどうしたら将来安心かに特化して、シミュレーションや改善策を作っていきます。

チェック有利で自分に合った住宅ローンや火災保険を知りたい方

物件が決まったあとでも住宅ローンをきっかけで資金計画からやり直される方も多いです。将来のお金の流れを考え、それを元に自分に合ってかつ有利な住宅ローンのアドバイスをしていきます。

どの段階でも、シミュレーションの必要性や不安を感じたら、弊社は事例も豊富なので、お気軽にご相談ください。
ボタン2
ボタン3

相談の流れ

相談の流れ20221104

PageTop

  • お申込・お問合せはこちらから
  • お申込・お問合せはこちらから