幼稚園や保育園、学校で薦められる保険には入った方がいいのか - 子育て世代のファイナンシャルプランナーのブログ

FCTGファイナンシャルプランナーズ
お申込・お問合せはこちらから
FCTGファイナンシャルプランナーズ
2016年03月19日 [ニュース系]

幼稚園や保育園、学校で薦められる保険には入った方がいいのか


これから4月を迎え、入学入園のシーズンです。
この時期によく質問が多いことがあります。
「学校で子供のケガや相手にケガをさせた時の保険に加入するよう薦められたが、
入った方がいいのか」
というものです。

結論は入らなくてもいいのではないか、ということですが、
これについてお答えしていきます。

基本的な補償は、
・自分がケガをした時=傷害保険
・相手にケガをさせた時=個人賠償責任保険
は必ずあることが多いです。

自分がケガをした時=傷害保険に関しては、
ケガで死亡した場合=数百万円
ケガで入院した場合=数千円
ケガで通院した場合=数百円〜数千円
のものが多いです。

自治体にもよりますが、
入院した場合、費用はかからない場合が多いですし、
通院してもそんなに多くの金額はかからないため、
あえて保険に入る必要があるのか、と思います。
困るときのために掛けるのが保険、という考えからすると、
いらないと考えることが多いと思います。

次に、相手にケガをさせたとき=個人賠償責任保険です。

これは、相手にケガをさせた時以外でも、
日常生活において法律上の損害賠償責任を負ったときに
その賠償額を支払う保険です。(設定した金額が上限)

よってこの保険に関しては、
例えば自転車に乗っていて人を轢いてしまったり、
飼い犬が他人を噛んでしまいケガをさせてしまったり、
ベランダから鉢植えを誤って落として、他人に当たりけがをさせてしまったり、
お風呂のオーバーフローに気づかず下の階まで漏れて、家財を壊したりした場合、
などにも保険金が支払われます。

めったにないことですが、特に自転車でケガをさせた場合などでは、
賠償額が高額になることもあり、
わりにめったにないことだから支払う保険料も安いため、
つけておいたいいがいい補償です。

ただ、この個人賠償部分に関しては、
車の保険や家の火災保険につけていることが多いです。
学校の補償に入っても2重では支払われませんので、
ムダ払いになってしまいます。

よって、ご自身で加入しているかを確認し、あればこれも不要ということになります。


その他、事故により扶養者が死亡した場合に保険金が支払われる
育英費用などが出る場合もありますが、
そんなに大きな金額ではない場合が一般的です。


そもそも保険料もそんなに高いわけではないので、
これに入ったからといって大勢に影響がでるわけではありませんから、
付き合いとかそういう要素があれば入っても問題はありません。

本質的には、個人賠償の補償に自動車保険や火災保険等で入っていることを確認し、
入っていれば、検討する必要はありません。

参考にしていただければ幸いです。

FPへの相談は
横浜・川崎・東京・神奈川出張対応可のファイナンシャルプランナー
FCTGファイナンシャルプランナーズ 土屋 ごう
住宅購入・ライフプラン・保険・資産運用
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る