老後破たんという言葉が流行っているようですが。。。 - 子育て世代のファイナンシャルプランナーのブログ

FCTGファイナンシャルプランナーズ
お申込・お問合せはこちらから
FCTGファイナンシャルプランナーズ
2015年10月11日 [ニュース系]

老後破たんという言葉が流行っているようですが。。。

テレビや雑誌などマスコミで、
「老後破たん」という言葉を耳にします。

現役時代しっかり働いていても、
思ったよりも年金がもらえなかったりして、
言葉通り老後に破たんしてしまうという。。。

確かに見ているとありえなくないケースですし、
危機感を持つのは大事なことだと思いますが、
雑誌やニュースなどに載っているケースは特殊なケースも多いです。

老後まで時間がない人に関しては、
節約等できるだけのことをして備えることが大事ですが、
そうではない方は3つのことを気を付けるとよいと思います。

@住宅の購入金額に気を付けること
A教育費に気を付けること
B毎月銀行引き落とし等で運用すること

@とAに関しては年齢が上がってから家を買ったり、
子どもができたりという方は特に注意が必要です。

金融機関等にもよりますが、住宅ローンは80歳までなど
一般的には働かないときにまでまたいでローンを組めてしまいます。
50歳で30年ローンなど組めば、
退職時にも多額なローンが残っていることになります。
在職時の収支でローンを組んでしまえば、
当然ながら老後は破たんまっしぐらになります。

教育費も同様で、退職してからも教育費がかかる人に関しては
その分多く積み立てておかなければなりません。
また、周りが行っているからといって、
むやみに私立の小学校中学校にいれようとすると、
数百万円〜一千万円程度多くかかるようになります。
私立に入れるのが悪いこととは思いませんが、
せっかく私立に入れても、
老後子どもに迷惑かけてしまっては元も子もありません。
やはり身の丈が大事ということになります。


Bはまず、自動的に引き落とす仕組みをつくること、
その範囲で生活すればお金は貯まりますし、
老後のお金に関しては、毎月や毎年引き出すお金であり、
いっぺんに必要なわけではありません。
だから、途中上がったり下がったりはあってもそれは気にせずに、
長い目で見て増えるものを選んだ方がよいということになります。
だから増やすための運用という考えが必要になります。
おそらく日本株だけを見ていれば、
特にバブル期を知っている方は運用の印象は悪いかもしれませんが、
ちゃんと外国株や債券に投資していればそういう時期からでも、
しかり増やすことができています。
(将来も同じだと保証できるものではありませんが)
なので先取り貯蓄をしつつしっかり増やすということが、
老後のお金を貯めるコツということになります。

という風に一番よくないことは漠然とした不安を持ち続けることです。
具体的に考え、しっかりと手を打つことが大切だと思います。
ライフプランシミュレーション(キャッシュフロー表)を
作成するとよりよいかと思います。

「恐怖は常に無知から生じる」という米国の思想家エマーソンも言っています。
しっかりと考えれば恐怖は確実に減らすことができます。
是非気になることはしっかりと考えるようにしてみてください。

FPへの相談は
横浜・川崎・東京・神奈川出張対応可のファイナンシャルプランナー
FCTGファイナンシャルプランナーズ 土屋 ごう
住宅購入・ライフプラン・保険・資産運用
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る