マンションの修繕積立金はその金額で足りるのか - 子育て世代のファイナンシャルプランナーのブログ

FCTGファイナンシャルプランナーズ
お申込・お問合せはこちらから
FCTGファイナンシャルプランナーズ
2018年04月08日 [ニュース系]

マンションの修繕積立金はその金額で足りるのか

新聞記事で気になったので
マンションの修繕積立金について書いてみたいと思います。

日経新聞の調べによると、
全国のマンションの75%が国が定めている修繕積立金の目安を
下回っていたそうです。

国土交通省が2011年に策定した指針は
15階建て以下のマンションは1uあたり月178円〜218円、
20階建て以上のタワーマンションは1uあたり206円を
が目安だそうです。
ただ、これは30年間の均等払いで、
新築時に払う修繕積立基金はなしで計算されるので、
あくまで目安ということになります。

また、最初の数年間は
毎月の修繕積立金を低めに設定して、
徐々に上げていく計画のマンションも多いです。

実際に計画通り上げることができればよいですが、
管理規約を変える増額は
所有者の4分の3以上の同意が求められるので
難しかったり、時間がかかったりすることころも
多いそうです。
この点購入者が多くたくさんの層がいるタワーマンションは
変更が難しいことが予想され、
また築30年を超えるタワーマンションはまだ存在しないので、
実際どのくらいかかるのか想定するのが難しい、
ということもあるようです。

いろいろ書いてきましたが、
マンションは建物本体部分は自分の意思だけでは
どうすることもできません。
その点はリスクと言うことができます。

住宅を購入するときはそのあたりも考えて行く必要がある、
と思います。

FPへの相談は
横浜・川崎・東京・神奈川出張対応可のファイナンシャルプランナー
FCTGファイナンシャルプランナーズ 土屋 ごう
住宅購入・ライフプラン・保険・資産運用
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る