共働き家庭のマイホーム購入の考え方|横浜、東京近郊出張対応可・ライフプラン、資産運用、保険の見直しはFCTGファイナンシャルプランナーズにご相談ください。

FCTGファイナンシャルプランナーズ
お申込・お問合せはこちらから
横浜、東京近郊出張対応可・ライフプラン、資産運用、保険の見直し
共働き家庭のマイホーム購入の考え方
現在共働きフルタイムで
ずっとそうしていこうと考えています。

結婚して数年が経ち、家が欲しくなりました。
家にこだわって注文住宅を作りたい、
と考えました。

予算は同じ会社の人の意見を参考に考えました。
建物に予算をかけたいので、
それをもとに考えると、
それぞれの会社まで電車で1時間くらい、
駅からバス5分(徒歩20数分)の土地が該当し、
気に入る土地も決まりました。
これから子どもも欲しいと考えています。

さて、この決め方で問題ないのでしょうか。

もちろん家の予算は少ないに越したことはありません。
ただ、ずっと共働きでいこうと思った場合は、
予算を大きく上げてでも
働きやすい環境、要するに職場に近い物件を
選んだ方がよいと考えます。

数字で考えましょう。
例えばフルタイムで働けば、
今後年収手取りで平均400万円くらい維持できるとします。
それがパートで頑張って手取り年収150万円くらいに
変わるとなった場合、
それが25年続けば、
400万円×20年=8000万円
150万円×20年=3000万円
5000万円の差になります。
退職金や年金まで考えればもっと差は広がります。
たとえ3000万円予算を上げても
2000万円余剰が出る計算です。

最近は見ることは少なくなりましたが、
2人の年収で計算すると危険なので、
片方の年収の範囲で買える物件を選ぶべき、
という意見があります。
時代に即していない考え方だな、と思いますが、
理屈で反論しましょう。

なぜ片方の年収で考えなければならないかの理屈は
病気等で働けなるから、ということがあるでしょう。
これは保険でリスク回避をしておけばよいと考えます。
たとえこの保険に月5000円払っても、
5000円×12か月×25年=150万円のコスト
なので、上記の余剰から考えれば全く問題ないでしょう。
そもそもシングルインカムになって、
働いている方が働けなくなったら
それはもっと大変だと思うので、
その不安を感じるなら、家は買うべきではないと考えます。

また、やはり子育てしながら働くのは大変だった場合。
それは否定できませんが、
買う時にしっかり話し合い、覚悟を決めて、
なるべく子育てしやすいように職場の近くを選ぶ、
これで確率は大きく下げられると考えます。
認可保育園に入れないのであれば、
たとえば月15万円かかる施設だとしても、
1歳から6歳の6年間であれば、
月15万円×12か月×6年=1080万円なので、
それでもまだ余剰はあります。

と、いうことで、経済的に考えれば、
共働きの場合、予算を上げてでも、働きやすい環境を作る、
これが重要だと私は考えます。
じゃあどこまで大丈夫か、
については、ライフプランシミュレーションで
考えるようにしましょう!!


お申込・お問合せはこちら     メニュー・料金はこちら

PageTop