一番簡単な節税方法は贈与をすること|横浜、東京近郊出張対応可・ライフプラン、資産運用、保険の見直しはFCTGファイナンシャルプランナーズにご相談ください。

FCTGファイナンシャルプランナーズ
お申込・お問合せはこちらから
一番簡単な節税方法は贈与をすること
相続税をかからなくする方法をシンプルに考えれば、

亡くなるときに持っている財産の額が少なければいいわけです。


現金で不動産を買えば評価額が下がるので節税になるとか、

現金で生命保険を買って非課税枠を使い切るとか、

子の嫁を養子にいれるとか、いろいろ方法はあるかもしれません。



でも、シンプルに考えるとやはり、

「普通の贈与をしつづける」ということが一番だと思います。

贈与税にも受け取った人1人あたり110万円という非課税枠があります。

たとえば子が2人いる家族でこれを55歳のときから75歳の時まで20年間続ければ、

110万円×20年×2人=4400万円も無税で資産を移せます。

(ただし都度あげるものを変えるとか時期を変えるとか、金額をかえるとか、

毎年決めているという風にしなければ、「連年贈与」として、

がっつり税金がかかってしまう可能性があるので要注意!)

効果大です。


ちなみに、「相続時精算課税制度」というので、

2500万円まで贈与税は無税で贈与できますが、

これは名前の時のごとく「相続の時に精算し課税する制度」なので、

税金の後払い的側面があります。

相続税が明らかにかからなそうなお宅であれば、使ってOKですが、

そうでなければ、節税の観点からは基本お勧めできない制度です。




こう、書いていくと、簡単に書こうと思っても、

注意書きが必要とか、いろいろ頭をよぎり、

結局は難しくなってしまいます。

わからない点などはお気軽に質問してくださいね。


お申込・お問合せはこちら     メニュー・料金はこちら

このページの先頭に戻る