パート主婦の新たな壁が150万円になるかも? - 子育て世代のファイナンシャルプランナーのブログ

FCTGファイナンシャルプランナーズ
お申込・お問合せはこちらから
FCTGファイナンシャルプランナーズ
2016年11月14日 [ニュース系]

パート主婦の新たな壁が150万円になるかも?

みなさま、こんにちは。
ファイナンシャルプランナーの土屋です。

11月12日付の新聞に、

『年収103万円を超えても働きやすくするため、
 年収150万円以下まで配偶者控除と同額の減税枠を適用する案の検討に入った』

という記事がありました。
『配偶者控除と同額の減税枠』ということは、
150万円まで所得税がかからないようにする、ということを検討しているということです。

ただし、残念ながら、多くの場合にはこれは気にしなくていい基準になると思われます。

それを考えるために、
パートで、
いわゆる扶養の範囲内ではたらく=税金等がかからずにすべて手取りとなる枠、で
気にしなければならない2つの壁を復習しましょう。

それは

@税金の壁
A社会保険の壁

でした。

この話は@税金の壁の話です。

一方で
A社会保険を負担しなければならない枠は、簡単に言えば、
従業員501人以上の会社で働く人は106万円
それ以外の人は130万円、
というのが現在の基準です。

そして、@とAを比較すると、
@はその金額を超えた部分に対してかかるものなので、
多少超えても大きな負担にはならない、
(配偶者の会社で「配偶者手当」のようなものがあり、
 103万円を超えるとそれがいきなり0になる場合は要注意です)

Aは、いきなり健康保険や厚生年金を自分で払わなければならなくなるので、
急に負担が大きくなるもの、という違いがあります。

だから本来はAの方を注意必要があり、

今回の150万円の壁は@の税金の金の話です。

だから、あまり気にしなくていい話ではないか、
というのが、このブログの主旨です。

ただし、その金額を超えて稼ぐ人にはありがたい話となりますので、
歓迎すべきことだとは思います。

もっと抜本的な改正があると思っていたのですが、
意外な方向へ話が進んだように感じています。
でも近い将来大きな変更はあると思われますので、
引き続きチェックが必要です。

参考にしていただければ幸いです。

FPへの相談は
横浜・川崎・東京・神奈川出張対応可のファイナンシャルプランナー
FCTGファイナンシャルプランナーズ 土屋 ごう
住宅購入・ライフプラン・保険・資産運用
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る