2016年3月の住宅ローン金利一覧と借換について考える - 子育て世代のファイナンシャルプランナーのブログ

FCTGファイナンシャルプランナーズ
お申込・お問合せはこちらから
FCTGファイナンシャルプランナーズ
2016年03月05日 [ニュース系]

2016年3月の住宅ローン金利一覧と借換について考える

マイナス金利の影響で住宅ローン金利が下がり、
大きく変わっている部分がありましたので、
主な銀行の3月の金利一覧をまとめました。

表に関しては弊社HPをご連絡ください。

201603住宅ローン

この表では、ただ金利を記載しており、
諸費用に関してや、当初優遇期間終了後の金利優遇幅等は記載しておりません。
大きい点として、当初かかる費用の大きな部分について、
上の方の一般の銀行では保証料、
下の方のネット系銀行では手数料として徴収され、
ネット系の銀行の方では繰上返済等しても戻ってきません。
もし近い将来、また借換等をされるのであれば、
その点で大きな違いがあるのでご注意ください。

これくらい金利が低いのであれば、新しく購入する人も増えるかもしれません。
固定も低くなっているというのは魅力だと思います。

ただ、大事なのは返せる金額を借りることです。
しっかりとこの先のことを考えて、
購入金額を見定めるようにしましょう。
そのためにはライフプランシミュレーションが欠かせないと考えています。

また、借り換えに関して、
現在変動金利など今後も金利が変わるかも知れない人が、
今よりも安いからと言って、すぐに借換に飛びついてもいいものか、
よく考える必要がある、と考えています。
このほかにも抵当権の費用等もあり、
借換にはお金がかかります。

今後もし金利上昇等が起こり、その時に借換をしようと思ったら、
また費用が発生します。
それが近い将来ならば、借り換えしたことによって損になるということもありえます。

だからもし借り換えるならば、今後借換はしない覚悟が必要なのかもしれません。

固定に借り換えるというのであれば、さらに借り換える可能性は低くなると思われるので、
あまり気にする必要はないと思います。
しかし、今変動の方が固定型に借り換えると金利が上がる場合が多く、
いまの毎月の返済額は上がります。
よって決断は難しいのかな、とも思います。

とにかくお伝えしたいことは、
マイナス金利→住宅ローン金利が下がる→借り換えよう
という単純な発想ではなく、
先々のことをしっかり考慮してから実行しましょう、
ということでした。

最近新規購入相談が増えておりますが、
まだ多少受け付ける枠がございますので、
何かありましたら遠慮なくご相談ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

FPへの相談は
横浜・川崎・東京・神奈川出張対応可のファイナンシャルプランナー
FCTGファイナンシャルプランナーズ 土屋 ごう
住宅購入・ライフプラン・保険・資産運用
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る