日本の年金の資産運用状況が悪いとよくききますが。。。 - 子育て世代のファイナンシャルプランナーのブログ

FCTGファイナンシャルプランナーズ
お申込・お問合せはこちらから
FCTGファイナンシャルプランナーズ
2015年12月08日 [ニュース系]

日本の年金の資産運用状況が悪いとよくききますが。。。

みなさんこんにちは。
ファイナンシャルプランナーの土屋です。

年金の運用がすごいマイナスで大丈夫なんですか、と。
最近クライアントからも聞かれることがありました。

そして結構2015年7月〜9月期の運用が8兆円弱マイナスと、
不安をあおるような記事をよく見つけます。
ここ数年で株の比率を上げたせいだ、どう責任とるんだ、
というような感じの内容です。

8兆円マイナスというのも大きな数字ですし、
この四半期の運用成績は-5.59%でした。
これも結構大きな数字ですが、
短期的な運用の世界ではよくありうる数字です。

ちなみにですが、4〜6月期では3兆円弱増やしていますし、
平成13年からの収益では約45兆円増やしています。

3か月とか短期のごく一部分の運用成績を取り上げて、
不安をあおるのはいかがなものかと感じます。

年金は3か月で全額運用をやめるわけではありません。
むしろ永続的な長期で運用する資産です。

3か月でマイナスになろうと、
長期で見てプラスになるように運用する資産なのです。

実際にカナダなど諸外国の方が株式の比率が高い=リスクを取って運用しているところは、
いくらでもあります。

ということで、
この手の不安を煽って、本を売ったりアクセスを増やしたりするものに
騙されないようにしましょう。
ちょっと記事を見つけてイラっとしてしまったので、
ブログ書いてしまいました。
乱筆乱文ご容赦ください。

FPへの相談は
横浜・川崎・東京・神奈川出張対応可のファイナンシャルプランナー
FCTGファイナンシャルプランナーズ 土屋 ごう
住宅購入・ライフプラン・保険・資産運用
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る