一部のがん治療で粒子線治療が先進医療から除外される?? - 子育て世代のファイナンシャルプランナーのブログ

FCTGファイナンシャルプランナーズ
お申込・お問合せはこちらから
FCTGファイナンシャルプランナーズ
2015年08月21日 [ニュース系]

一部のがん治療で粒子線治療が先進医療から除外される??

みなさんこんにちは。

ファイナンシャルプランナーの土屋です。

ちょっと古い話ですが、8月8日頃yahoo!のニュースのトップに
「<粒子線治療>先進医療除外も 一部のがん、優位性を示せず」
という記事がありましたので、紹介したいと思います。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150808-00000015-mai-soci

ここでいう先進医療というのは、
全ての最先端の医療のことではなく、
厚生労働省が定めた平成27年7月1日現在では109種類の医療のことです。

要するにこの先進医療に指定されると、
この先進医療に関する技術料は全額自己負担、
それ以外の部分は健康保険適用という、
基本認められていない「混合診療」が認められるというものです。

よく、入院の保険でつけられる「先進医療特約」などは、
この先進医療の技術料の給付が受けられるというものです。

昔書いた記事がありますのでご確認ください。
http://www.fctg-fp.net/senshiniryounituite.html

この時にも、この先進医療はずっと変わらないわけではなく、
先進医療から健康保険適用に変わったり、
効果が認められなくて先進医療から外されたりする、
ということを書いておりました。

ようするに、この変更が起こるかも、ということです。
効果が認められないのであれば当然と言えば当然のことですね。

平成25年7月〜平成26年6月末まででは
陽子線治療と重粒子線治療を合わせて4555件が実施されています。
がん患者数は88万人(2014年推定)に対してなので、
受けれる確率はかなり少ないということと、
部位等によるのですべてが除外されるというわけではないので
ご注意ください。

今後もいろんな情報をキャッチし紹介していきたいと思いますので、
今後ともよろしくお願いします!

FPへの相談は
横浜・川崎・東京・神奈川出張対応可のファイナンシャルプランナー
FCTGファイナンシャルプランナーズ 土屋 ごう
住宅購入・ライフプラン・保険・資産運用
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る