海外旅行には海外旅行保険のチェックは忘れずに! - 子育て世代のファイナンシャルプランナーのブログ

FCTGファイナンシャルプランナーズ
お申込・お問合せはこちらから
FCTGファイナンシャルプランナーズ
2015年07月25日 [日記系]

海外旅行には海外旅行保険のチェックは忘れずに!

お子様が夏休みに入られた方も多いかと思います。
レジャーに関する記事を何か書きたいなと思って、
思いついたのは旅行の保険。
日本人の海外旅行者数(出国者数)は減少傾向というデータがありますが、
そこは気にせず海外旅行の保険について書きたいと思います(笑)

海外旅行中に病気になった場合、よく莫大なお金がかかると言われます。
治療費に関しては、海外療養費と言って、
国内で同じ治療を受けた際にかかる費用を基準に計算して、
その1〜3割を負担するという制度がありますが、
もし簡単ではない病気だったりして、
普通に帰れなくなり医師の付添等が必要になった場合はかなりかかってしまいます。
また、家族が救援に駆けつけるのにも渡航費用がかかりますので、
やはり万一に備えておくことが必要だと思います。
これも海外旅行保険で備えることができます。

ではどのような補償を手厚くすべきなのか。
ジェイアイ傷害火災保険の調べによると、
海外旅行保険の補償項目で支払いが最も多いのは、
けがや病気の治療や家族が駆けつけた際に掛かる「治療・救援費用」。
次いで手荷物が盗まれたり壊れたりした際の補償である「携行品損害」で、
この2つで全体の約8割を占めます。

携行品の損害については被害としては大きくないとおもうので、
やはり上にも書いた治療救援費用が大切でしょう。

保険に入るメリットとして、
病院を教えてくれ、費用を自分で負担する必要もない(保険会社が直払いしてくれる)
ということもあります。
保険会社にもよりますが、
保険会社所定の連絡先に電話すると、
近くに提携している病院を紹介してくれます。
詳しくない場所であれば、そうしてくれると安心ですよね。
こういった機能もありがたいですね。

ちなみにクレジットカードに
海外旅行保険が付帯されているから安心だと思っても、
よくよく内容を見てみると、
死亡だけ、とかそういうことがありました。
カードについているから大丈夫ではなく、
必ずどのような補償内容がついているか確認しましょう。
さほど保険料は変わらないので、
最低でも1000万円くらいの治療救援費用がついているものに加入しましょう。

渡航地域や日数にもよりますが、
インターネットで契約できるものもあります。
かなり割安な設定になっています。

海外旅行の時の保険、ぜひ忘れないようにしてください!

FPへの相談は
横浜・川崎・東京・神奈川出張対応可のファイナンシャルプランナー
FCTGファイナンシャルプランナーズ 土屋 ごう
住宅購入・ライフプラン・保険・資産運用
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る