住宅ローンの疾病保障って? - 子育て世代のファイナンシャルプランナーのブログ

FCTGファイナンシャルプランナーズ
お申込・お問合せはこちらから
FCTGファイナンシャルプランナーズ
2017年09月11日 [ニュース系]

住宅ローンの疾病保障って?

みなさま

こんにちは。
ファイナンシャルプランナーの土屋です。
今回は住宅ローンの疾病保障の話です。

銀行で住宅ローンを組もうとすると、
「疾病保障」を選択するかどうかを聞かれます。
「疾病保障付き住宅ローン」と呼ばれる商品です。
どんな仕組みで、必要性はどれだけあるのでしょうか。

疾病保障といっても内容はいろいろとあります。
たとえばがんで住宅ローンの残債はゼロになるといっても
がんと診断確定されたときだったり、
がんで1年間働けなくなった時だとか、
一言でいえば同じようなことでも、
銀行によって様々です。

だいたい三大疾病で残債がゼロになる場合は
金利が0.3%上乗せ、
がんだけなら0.1%金利上乗せ、
このくらいがスタンダードです。
でも金利が0.3%上乗せだと
4000万円35年の借り入れなら、
200万円以上金利の支払いが多くなるので、
負担としても大きいです。

また、特にネット銀行系では
3大疾病や8大疾病の保障が金利負担ゼロでついてくる、
というのを売りにしているところもありますが、
それは残債がゼロになるのは、
1年間まったく働けなかったときなどになり、
事実上なかなか支払い免除になることは難しいので、
おまけとしてはよいとは思いますが、
それを目的としてはいかがなものか、と思います。
あくまで金利や諸費用の総支払額で考え、
団体信用生命保険は、
総支払額が有利な金融機関を選んだあとで、
考えた方がよいのかな、と思います。

10月からはフラット35も
身体障碍者手帳2級以上に認定されたときにも
保障されるようになりますし、
きっとこれからもこの団信の工夫は続いていくのかと思われます。

特に住宅ローンを選ぶときは時間に余裕がない場合が多いようです。
耳障りだけでなく、
中身をしっかりと見極めて検討していくことが大切です。


FPへの相談は
横浜・川崎・東京・神奈川出張対応可のファイナンシャルプランナー
FCTGファイナンシャルプランナーズ 土屋 ごう
住宅購入・ライフプラン・保険・資産運用
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る